目の下のたるみは切開治療して治すことができる

切開をする施術

顔を気にする婦人

人と会話をするときには、口元や目元が気になります。とくに目元はそれだけで年齢を現すとされるほど、非常に重要な部分となっています。目元のケアを行っているという人がいますが、目の下のたるみを改善することができないと悩んでいる人も少なくありません。そこで注目されている目の下のたるみ治療が、切開をするという物になります。切開をして目の下のたるみを治療するという方法は、一番確実に広い部分を半永久的に行うことができます。したがってたくさんの人に選ばれています。目の下の広い範囲でたるみが気になるという人は、非常に魅力的な治療法です。余分な脂肪や皮膚を取り除くことができるので、すっきりとした若々しい印象となります。

目の下のたるみ取りを切開で行う治療は、切開をするので体への負担は多少あります。施術を行った後は、患部の腫れや内出血や腫れが見られることがあります。症状が治まるまでは数週間が必要となるので、この期間は無理な運動を控えるようにします。施術費用が少し高くなっていますが、しっかりとした効果を実感することができます。施術を行って1週間程度で、抜糸が行われます。大きな腫れが治まるまではさらに1週間から2週間が必要です。コンタクトレンズや激しい運動を控えるというようなダウンタイムが必要となります。気になる費用ですが、クリニックによって違いがあります。このなかで30万円から40万円というのが多くなっています。

即効性を実感できます

女医

若返り整形には様々な種類があり、大きく分けて切開するものとしないものがあります。医師の資格を持ったものが施術を行うことから信頼性が高く、様々な施術を組み合わせることも可能です。自分の希望に合った施術を、相談することもできます。

もっと見る

美容整形で受けられます

女性の顔

しわ対策として美容整形に通うことで受けられる施術には、ヒアルロン酸注入があります。表情筋が原因でできたしわには、ヒアルロン酸を注入することで目立たないようにできます。ひと口にヒアルロン酸といっても、いくつかの種類がありますので、それぞれの効果の違いを知っておくことが重要です。

もっと見る

意外な施術

笑顔の医者

大阪の美容整形外科では薄毛の悩みにも応えてくれるのです。手法も多岐にわたり、万能性のある自身の幹細胞を活かしたアプローチ、内服薬や外用薬など発毛や抜け毛を抑える効果のあるものを用いたりすることなどがあります。

もっと見る